2015/2/20

人事の声

総務部 岩﨑 昌信

総務部採用担当者が語る「髙木化学研究所の求める人物像」
髙木化学研究所にとって「人材」は最大の資源です。
技術という価値を提供して、ものづくりに貢献する私たちにとって、もっとも大切なのは「人」です。

独創性があり、物事を大きく見られる方
髙木化学研究所の歴史は発明の歴史です。独創性と広い視野というふたつを大切にしてきたからこそ、今の髙木化学研究所があると思います。
例えば昭和26年。すでにビニール製品の廃棄物が公害問題となっていました。この屑をなんとかできないだろうか……。そんなときふと目にとまったものが進駐軍の靴。しかも靴底です。どうも見慣れない素材なので尋ねてみると、合成ゴムと合成樹脂の合体だというではありませんか。
これにヒントを得て生まれてきたのが、国内初のケミカルシューズ。今では皆さんお馴染みの素材ですね。
人と同じものを見て、違うものを発想する。
それを使えるモノにする。それができる人間が必要なのです。

ものづくりに興味がある方
いいものを創って、お客様にお渡しする。そして、そこから信頼関係が生まれる。だから、ものづくりに興味のある人に来ていただきたいのです。

ホームへ先頭へ前へ戻る